フリーランス美容師

注意!フリーランス美容師の出産後の保育園の継続条件は要確認!

こんにちは。フリーランス美容師支援FPのかたやま りえです。現在会社員美容師で子どもを保育園に預けていて、フリーランス美容師になることと、二人目を出産する計画をしている場合、保育園の継続条件の確認が必須になります。なぜかというと、フリーランスには、産休はありますが、育休という制度はないからです。産休、育休制度についてと、保育園を継続して通わせるにはどのような条件があればいいのか解説します。条件によっては、この先出産予定がない方の方が、フリーランス美容師になりやすいかもしれません。

フリーランスは産休はあるけど育休はない

赤ちゃん

産休とは?

産前休業と産後休業のことです。

産前休業は、出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)から取得でき、会社員、フリーランスなど雇用形態関係なく、誰でも取ることができます。

産後休業は、産後の翌日から8週間は仕事に就くことができません。ただし、産後6週間を過ぎた後、本人が請求し、医師が認めた場合は就業できます。

育休、育児休業制度とは?

育児・介護休業法により定められた制度で、原則子どもが1歳になるまで、仕事を休業することができる制度です。

取得要件は、

同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること

子が1歳6カ月に達する日までに、労働契約(更新される場合には、更新後の契約)の期間が満了することが明らかでないこと

つまり、雇用保険を支払っている、雇用されて働いている人でないと取得できません。

もし、あなたのご主人が会社員で上の条件に当てはまっていれば、あなたの代わりにご主人が育休を取得することは可能です。

ですから、産後8週目には仕事に復帰していないといけないのです。例え復帰した場合でも、自治体によっては保育園の在園要件に引っかかってしまう可能性があります。

保育園に在園できる条件を確認しよう

保育園にいる赤ちゃんどのような在園条件だと、上の子が保育園を退園になってしまうのでしょうか?

労働時間に対して最低賃金を下回る収入しかない場合保育園に在園できない

この条件のある自治体にお住まいの場合です。また、産後もすぐ、従来通りの時間で仕事をすることは体力的にも精神的にも消耗しますし、年度の途中であれば、産まれたばかりの赤ちゃんを保育園に預けることもハードルが高いため、ご主人や祖父母の協力は必須でしょう。

在園基準がここまで厳しくない場合は、例えば集客のためのブログ執筆や、クラウドワークスなどに登録して美容系ライターで業務委託として働くなど、自宅でできる仕事で少しずつ仕事復帰することも可能でしょう。


まとめ

妊婦さんフリーランス美容師さんが出産すると、産前産後休暇はありますが、育児休暇はありません。上の子どもを預けている場合、労働時間に対して最低賃金の確保が保育要件の自治体の場合、

上の子が保育園を退園になる可能性がある

ママが産後8週間で仕事に復帰しなければいけなくなる可能性がある

ということです。あなたのお住まいの自治体の保育園の在園基準をよく確認しましょう。

フリーランス美容師になろうか検討している方は、この先出産予定がない場合か、保育要件が緩い自治体に引っ越すなど計画する必要があります。よく検討してくださいね。

 

ABOUT ME
FPりえ
元OL、個人投資家、3男児の母、ファイナンシャルプランナーりえです。 子どもの教育費や老後の生活の心配もあるけど、毎日バタバタ。どうしていいかわからないと悩んでいませんか? 毎日忙しいお母さんでもムリなく家計改善、資産運用ができるようお手伝いします。金融機関に務めた経験が無いからこそ、money初心者の方にわかりやすくお伝えできます。 お金を上手に貯める・使う・増やせるようになると 毎日の生活がより豊かになりますよ。 お気軽にお問い合わせください♪
お問い合わせ情報

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

お問い合わせは下記ボタンよりお気軽にお願い致します。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です