家計をキレイに

フリーランス美容師の疑問 経費で買えるとどんなメリットがあるの?

家計をキレイに

こんにちは、フリーランス美容師支援FPのかたやま りえです。フリーランス美容師になって時間もお金にも余裕を持ちたい…。フリーランス美容師になってお金に余裕が持てるとは、ただ収入が上がるだけではなく、必要なものを経費で買うことができることもお金の余裕につながります。よくフリーランス美容師になると、研修代や書籍代、集客に使うパソコン代、仕事での打ち合わせ時の食事代など経費で落とすことができると聞いたことがあると思います。もちろん使いすぎると赤字になりますが、上手に使うことで、必要なものがおトクに購入することができるということになります。どのようなことなのか具体的に解説します。

フリーランス美容師年収300万円の場合

美容室例えば、フリーランス美容師で年収300万円、経費30万円の場合、基礎控除や社会保険用控除、生命保険料控除(あれば)、青色申告特別控除などを利用することで、所得税は5%になります(住民税は一律10%)。

税前で支出ができることが最大のメリット!

PC周り会社員美容師であれば、収入に対して税金が引かれたあとの金額が手取りの収入になります。交通費や研修代は支給されるものの、自分のパソコン代や書籍代などはほとんど経費になることはありません。しかし、フリーランス美容師になれば、売上に係る全ての経費を差し引いたあとの利益なので、

税金を支払う前に必要なものが買える、つまり所得税分安く購入できるということが最大のメリットです。

ですから、10万円のパソコンを買う場合、フリーランス美容師であれば、所得税5%分、つまり95,000円で買うことができるということです。

まとめ

新しい道へフリーランス美容師になることで、売上(収入)に対して仕事に係る支出、PC代、書籍代、研修代、交際費などが経費にすることができ、所得税を低くすることができます。会社員美容師では、PC代も書籍代も経費にすることは、認められることはありますが相当ハードルが高いです。これらを税引き前で購入、経費にすることで所得税を抑えることができるのは、フリーランス美容師になる大きなメリットと言えるでしょう。ぜひ、フリーランス美容師になってお金も働き方も自由を実現してくださいね。

 

ABOUT ME
FPりえ
元OL、個人投資家、3男児の母、ファイナンシャルプランナーりえです。 子どもの教育費や老後の生活の心配もあるけど、毎日バタバタ。どうしていいかわからないと悩んでいませんか? 毎日忙しいお母さんでもムリなく家計改善、資産運用ができるようお手伝いします。金融機関に務めた経験が無いからこそ、money初心者の方にわかりやすくお伝えできます。 お金を上手に貯める・使う・増やせるようになると 毎日の生活がより豊かになりますよ。 お気軽にお問い合わせください♪
お問い合わせ情報

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

お問い合わせは下記ボタンよりお気軽にお願い致します。

お問い合わせ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です